センター試験直前ですので、受験の際に知っておくと役に立つことを書いていきたいと思います。
これを知っておくのと知っておかないのでは受験という極限状態を乗り越えるのと乗り越えないのでは大きく変わってきます。


1、マークシートの名前と受験番号を書き忘れたかもしれない時・・・

受験中に、名前を書き忘れたかもしれない・・・、などと思い返して自分のペースに持っていけないということがよくあります。しかし、センター試験では心配いりません。実は、名前や受験番号のないマークシートは回収された際に試験監督が確認し、呼び出されてチェックされています。万が一それにもすり抜けてしまった場合も、採点時に前後の席順から推測されて採点されます。
過去の共通一次試験では一律にはじかれていたこともあったようなのですが、多くの受験生が未成年であることや、名前の書き忘れ等の簡単なミスによって今までの頑張りを吹き飛ばすことは妥当ではないとのことから行われているようです。

2、スマートフォンの切り忘れは心配するな

試験中にラインの通知音がするのではないか、電源を切り忘れたのではないかと心配する受験生も多くいると思います。実際私も模擬試験などではそう思ったこともありました。しかし、スマートフォンがなったとしてもその場で失格という対応がとられることはありません。例えばセンター試験では、スマートフォンが鳴った場合にはかばんを許可なく試験場の外に持ち出すという対応がとられています。

3、受験票を忘れた・・・

試験場に必ずいる受験票を忘れた方たち。でも安心してください。出願時に顔写真を提出しているのは本番の確認用だけでなく、受験票を忘れた際に確認するためにも使われているのです。
そのため、再発行を簡単にしてもらえるので心配しないでください。

4、筆記用具を忘れた

筆記用具を忘れた場合は試験に支障が出る可能性があるために貸し出しがされています。
私が実際に遭遇したのは明治大学の入試の時なのですが、時計は貸してもらえず、筆記用具は貸してもらえたようです。説明がなされていたのですが試験が全くできなくならないよう筆記用具は貸し出すが、時計は試験に直接の影響がないので貸し出せないとのことでした。なお、試験終了10分前に宣告がなされるのでそれを目安にしろとのことでした。





最後に、今を大事にする受験生は絶対に勝ちます。今からでもいくらでも逆転が可能なのが大学受験です。社会科を満点にし英語を底上げする。それだけでマーチは固いのが私立大学の受験です。
最後の最後まで勉強し続けてください。